道を歩いて下に落ちないように注意 





    ドカンが埋まってる橋の上から落ちました

 
   山登りで川に落ちてケガをした事例です。
 
   注意して安全に歩くようにします。
 
 
   7月1日のことです。梅雨ですが1日くもり予報。
 
   勝成山に登りました。下山して続けて近くの仏王寺山に登る計画。
 
   仏王寺山は初めてで山道が管理されているのかあやしいです。
 
   最近登った人の記録を見て、標高差が少ないから1時間半の予定。
 
   蒸し暑くてよく水を飲んだから残りが500ccなくなっていました。
 
   山水が得られないので断念して麓の勝成橋へ。自販機がありました。
 
   水を入手。離れていないから引き返してチャレンジします。
 
   墓地をすぎて林道の草が多くなりました。虫を警戒します。
 
   太い倒木がありました。70cmを越えますが1度幹に立っています。
 
   そして地面に下りてそのまままっすぐ進みます。ササが多いなぁ。
 
     (固い砂利の地面を歩いています。草が多いところあります)
 
    
 
    ズボッ!
 
    突然下に落ちてびっくり。1mくらい下に両足で着地。
 
    左の靴から水が入ってきます。2cmくらいの水深の川。
 
    
 
    何が起きたのか落ち着いて考えました。道から落ちた!
 
    右横を見るとドカンの穴に水が流れていきます。
 
    ケガはないか?左足に痛みがあります。
 
    特に親指の痛み!出血したかな?折れたかな?
 
    ひざ下もスリキズのような痛みがあります。
 
    自力で上にあがれるのか?
 
    落ち着いてからササをつかんで上がりました。約1分半。
 
 
    
 
    ドカンの上が橋になっている道でした。
 
    柵がないから道の端から下に落ちました。
 
    荒れた林道。左に大きく曲がってるところでした。
 
    無理をせずに登山断念。様子を見ながら帰ります。
 
    左足ぴっこ。ストックでバランスとります。
 
    30分かけてバス停に到着。バスを待ちます。
 
    靴下を脱いで親指を確認。出血なし。骨折?
 
    ひざ下のキズにヨモギの汁を塗っておきます。
 
    家に帰って親指に湿布をしておとなしくします。
 
    翌日病院で診てもらいました。
 
    骨折なし。内出血して黒っぽい色になっています。
 
    湿布をして痛みが取れるのを待つことになりました。
 
    骨折してなくてよかったです。突指みたいなものです。
 
  ◆原因は何だったんでしょう?
 
   暑くて汗をかいて前が見えにくかったこと、
 
   蜘蛛の巣で落ち着かなかったこと、、、
 
   勝成山登山で体力消耗していたこと。(本来なら余裕のはず)
 
   集中力が弱くなっていたようです。   ヽ(゚◇゚ )ノ
 
   勝成山登山時に木の幹に頭をぶつけてケガしています。
 
   最近よくぶつけます。帽子をかぶっていなかったのも反省点。
 
   6月に津々羅山でもおでこをキズつけました。
 
   本日は悩み事があったのもひとつの理由です。
 
   そして草で下が見えにくかったのも原因。
 
   荒れてる時はペースを落としてじっくり確認するべきなのか?
 
   ペースを落とし過ぎると日暮れ前までに下山できない可能性も。
 
   不明瞭な道に入らないのが一番でしょうね。
 
   道を歩いてるつもりでも落ちることがあるので意識します。
 
   顔から落ちなくてよかったです。
 
   下に危ない切株や岩がなくてよかったです。
 
   マムシやワニがいなかったのもよかったです。
 
   反省して次回の山登りに活かします。   (´・_・`)
 


   約1分  仏王寺山登山開始時から落ちるまで









川に落ちました